日本酒 酒屋

【うまい日本酒発見旅】水尾 Traditional Classic/長野県飯山市

水尾。
Traditional Classic

リカーズモモセへ行くと、
大抵の場合、
「今日のオススメは?」
伺うのですが、
私の顔を見るなりこのお酒を紹介してくれた。

「きっとこれ好きだよ」

ということでした。

本当に好きだったので…。
何よりも、妻が気に入ったようで…。

満を持してご紹介です。

 

この記事を読んでわかること

  • 私のおすすめの日本酒。
  • 今回ご紹介する酒がどのような味なのか。

こんな人におすすめ

  • 日本酒好きな人
  • そこそこお手軽で美味しい日本酒を探している方

私は基本的にはこんな日本酒を探しています

  • 日本全国の地酒
  • 四合瓶ならであれば1,500円程度
    (一升瓶なら2,000〜3,000円程度)

今回の日本酒

<span style=“font-size:28px;color:red;font-weight: bold”>水尾 Traditional Classic</font>

産地:長野県飯山市

蔵元:株式会社田中屋酒造店

米:ひとごこち(長野県産)100%

酵母:2021BY仕込35号

精米歩合:麹米59% 掛米70%

アルコール分:20度

購入価額:四合瓶1,850円(税込)

日本酒度:辛口

入手のしやすさ:年に一度、この時期

おすすめの引用温度:冷や(10℃)・お燗(40℃)

完全に主観的な日本酒の感想

日本酒チャート

チャートの基準

①淡麗⇔濃厚
口当たりの感覚。
サラサラと入ってくるか、
まとわりつくような濃厚さがあるか。

②甘い⇔辛い
甘く感じるか、辛く感じるか。

③THE米⇔フルーティ
いわゆる日本酒独特の米の味が強いか、
フルーティで華やかな白ワインのような味わいか。

④発泡感
発泡感をどの程度感じるか。

 

はんなりの感想

「淡麗」か「濃厚」か

これはかなり濃厚こってりな感じ。
口の中で下にまとわりつくような感じがある。

手で触ったら、ベトベトするのではないかと思うくらいの濃厚さ。

サラサラと入ってくる感じでは全くありません。

「甘い」か「辛い」か

ラベルには「辛い」と書いてあるのですが、
私はかなりの「甘さ」を感じました。

米の甘さがかなり引き立っている。

アルコール度が20%あるので、
パンチはかなりあります。

それ故に、
「甘い」という感覚と、
アルコールによるパンチで、
「辛い」という感覚が、
混在してやってくる感じです。

日本酒の「辛口」という表現は非常に難しいですね…。

「The米」か「フルーティ」か

これは「フルーティ」な感じが強い。

誰にとっても飲みやすいのではないかと思うが、
昔からの「日本酒くささ」がお好みの方は、
イマイチ物足りないかもしれない…。

発泡感

飲むとそれほど発泡感は感じないのだが、
蓋を開ける時、結構勢いよく「ポンっ」てなる。

まとめ

水尾Traditional Classic。

口当たりがよく飲みやすいが、
アルコールが強いので、
あっという間に酔っ払う可能性がある。

ロックで飲むのも非常にオススメ。
アルコールや濃厚な感じが薄まって飲みやすくなる。

人によっては「丁度いい」と感じるはず。

ラベルには「お燗」がオススメとあるが、
この時期に「お燗」をする勇気がないため、
それは冬のお楽しみに。

ただ、試してないけど、
これはお燗はハマるだろうなという感じはとてもある。

というわけで、
リピート決定のお酒でした。

リピートしたいお酒がたくさんあって困る…。

酒屋情報:リカーズモモセ

毎度お世話になっている、松本市の酒屋さん。

「リカーズモモセ」はこちらです↓

リカーズモモセ(場所:Googleマップ)

松本駅より駅前大通りを東(美ヶ原方面)へ。
あがたの森公園に突き当たったら左折してすぐ右折。
縣陵高校を左に見てしばらく進むと右側にあります。
松本駅から車で10分弱程度。
徒歩なら25分程度。

新着記事

-日本酒, 酒屋

© 2022 はんなりBlog