料理

【簡単ひと手間レシピ】そば・うどんが劇的にうまくなる「めんつゆ」

そば・うどん・そうめん・ひやむぎ…。
冷たく締めた麺類がおいしい季節。
日本ならではですねぇ…。

スーパーで売っているめんつゆは、
いろいろあるけど、何を選んでもそこそこうまい。

水を足すだけで、
それなりの味に仕上げてくれます。

そんなお手軽さに感謝をしつつも…、
ちょっとひと手間で劇的にめんつゆが美味しくなるのでご紹介。

記事を読んで得られること

  • 簡単で美味しいめんつゆの作り方とポイント

記事の信頼性

長野県松本市在住の6年間で、
そばについてはだいぶ鍛えました。
いろいろな店を食べ歩き、
自分で蕎麦道具を揃え、
めんつゆをすべて自分で作ることもあります。

【簡単ひと手間レシピ】そば・うどんが劇的にうまくなる「めんつゆ」

というわけで、
早速レシピをご紹介。

めんつゆ材料

  • めんつゆ(創味のつゆ):100g
  • みりん:大さじ2
  • 砂糖:小さじ1
  • 氷:150g
  • 水:150g

めんつゆ作り方

  1. みりんを鍋に入れ火にかける
    →沸騰して1分ほどでアルコールを飛ばす
  2. 砂糖を鍋に投入し溶かす
  3. めんつゆを投入しひと混ぜして火を止める
  4. 水と氷を投入

以上

これで蕎麦通の我が家の長男が、
「うまい!」と絶賛するそばつゆの出来上がり。

超簡単です。

簡単めんつゆ作り ポイントいくつか

ポイント1:氷を入れる理由

鍋で煮出すと当然熱くなるので、
冷ます時間が必要となる。


以前は、
全部を入れて沸騰させて、
粗熱をとって、冷蔵庫に入れて…
とやっていたのですが、
それだと作り始めてから食べるまでに時間がかかる。

というわけで、
このレシピにたどり着いております。

ちょっと余談

ちなみに、
我が家の冷蔵庫でつくられる氷は、
ひとつあたり10gでした。

自分の家庭の冷蔵庫の氷が、
ひとつあたりどれくらいなのかを知っておくと、
毎回わざわざ図らなくてよいかと思います。

ポイント2:つゆは商品によって濃縮比率が違う

創味のつゆでめんつゆを作る場合、
つゆ1に対して水3を入れる。

しかし例えば、
にんべんのつゆなどは、
つゆ1に対して水2となっている。

というわけで、使用するめんつゆの種類に応じて、
水と氷を足した分量が、
適正な水の量となるように、調整くださいませ。

ちょっと余談

ちなみに、
めんつゆもいろいろ食べ比べましたが、
創味のつゆとにんべんのつゆは、
なかでもおいしいなぁと思っております。

ポイント3:みりんと砂糖の量はお好みで

甘めが好きな方は、もう少し入れても全く問題ないと思います。
みりんも同じく。

この辺はお好みがあると思います。

実際に松本で食べ歩いたときというのは、
蕎麦(麺)はもちろん美味しいのですが、
めんつゆに個性がでることが多かったです。

今日のまとめ

夏は簡単に、
蕎麦とかうどんとかそうめんなどを、
冷たくして食べることが多いと思います。

さっと茹でて、しっかり冷水で締めて、
おいしく食べる。

簡単で愛される日本食ですよね。
でもどうせ食べるならば、
もっと美味しく。でも簡単に。

是非お試しくださいませ。

新着記事

-料理

© 2020 はんなりBlog