日本酒 酒屋

【うまい日本酒発見旅】十六代九郎右衛門/長野木曽郡

今回は、地元長野県の日本酒。
購入店は「リカーズモモセ」

それほど大きな酒屋ではないけれど、
私の好みのお酒が、
日本酒に限らずたくさん置いてある。

というわけで、
おいしかったのでご紹介。

この記事を読んでわかること

  • 私のおすすめの日本酒。
  • 今回ご紹介する酒がどのような味なのか。

こんな人におすすめ

  • 日本酒好きな人
  • そこそこお手軽で美味しい日本酒を探している方

私は基本的にはこんな日本酒を探しています

  • 日本全国の地酒
  • 四合瓶ならであれば1,500円程度
    (一升瓶なら3,000円程度)

今回の日本酒

十六代九郎右衛門 特別純米
八重原産ひとごこち 無濾過生原酒

産地:長野県木曽郡

蔵元:株式会社湯川酒造店

米:八重原産ひとごこち

酵母:2021BY仕込35号

精米歩合:60%

日本酒度:記載なし

アルコール分:16度

購入価額:四合瓶1,650円(税込)

入手のしやすさ:年に一度、この時期

※無濾過生原酒は年に一度この時期しか出ないとのことです。

完全に主観的な日本酒の感想

非常に美味しくて好みの日本酒でした。
フルーティで若干甘口に感じます。

発泡酒という位置づけではありませんが、
微発泡のような感覚があります。

日本酒チャート

以下の4つの切り口から、
今回の日本酒をどのように感じたのかを、
チャートで表しています。

※チャートの基準

淡麗⇔濃厚

口当たり。サラサラと入ってくるか、口の中でまとわりつくような濃厚さがあるか。

甘い⇔辛い

甘く感じるか、辛く感じるか。

THE米⇔フルーティ

いわゆる日本酒独特の米の味を強く感じるか、フルーティで華やかなワインのような味わいか。

発泡の度合い

発泡感をどの程度感じるか。

酒屋情報:リカーズモモセ

毎度お世話になっている、
「リカーズモモセ」

こちらです↓

リカーズモモセ(場所:Googleマップ)

きょうのまとめ

九郎右衛門は、
居酒屋さんなどでも、
非常に人気のあるお酒ですが、
実は、
長野県のお酒であることを初めて知りました。

いろいろな種類の九郎右衛門を、
引き続きご紹介していきたいと思います。

新着記事

-日本酒, 酒屋
-, ,

© 2022 はんなりBlog